第4章【おまけ:気になるところを攻める】
3:上まぶたのたるみ


上まぶたがたるんでくると、とたんに目力がなくなります。

若いころは二重でぱっちりの自慢の目だったのに…と悲しく思う女性も多いでしょう。

では、上まぶたのたるみは何故おこるのでしょう。

目の周りの皮膚はとても薄くデリケートです。

しかし、若いころからの過剰なアイメイク、落ちにくいマスカラを強力に落とすリムーバーの常用で、まぶたは常にむくんだ状態、毛穴も広がり弾力性がなくなってきます。

それと、コンタクトレンズを外す時にまぶたを強く引っ張ったりすることも 大きな原因の一つです。

その小さな積み重ねが、目もとから目力を奪っていきます。

さらに、額の筋肉の垂れ下がり、頭皮のゆるみも結果としてまぶたのたるみにつながります。

上のまぶたのトレーニングで効果的なのは、加藤式フェイスリフトマッサージの額の引き上げです。

その時、まぶたが引き上がる感覚をしっかり意識して行うようにしてみてください。

すぐには結果がでなくても、継続することでまぶたのたるみはかなり気にならなくなるはずです。

そして、アイメイク(特にアイシャドー)は無添加のものに切り替えて下さい。

これ、本当に効果ありますから。

流行の色をつい装いたくなる気待ちは分かりますが、発色の良いアイシャドーの多くは、タール色素、鉱物油など多くの化学物質を含みます。

常用することでまぶたはくすみ、浮腫んで弾力のない皮膚になっていくのです。


前:気になるところを攻める【目の下のたるみ】
次:最後に


目次へ

TOPへ



【たるみ改善プログラム】