第1章【筋肉へのアプローチ】
3:口角を上げ表情を華やかにする


芸能人、特に歌手や役者さんが、一般の同年齢の人より男女問わず若く見えるのはなぜだと思いますか?

もちろん常に人目にさらされている緊張感もありますが、一番の理由は 口の周りの筋肉が一般人より発達しているということです。

この方たちは、「滑舌(かつぜつ)」という、舌の滑りをよくするトレーニングを常にしています。

はっきりとした言葉を発さなければならない職業の人は、口の周りの筋肉、それにつながった頬の筋肉が発達し柔軟性もあるため、口角が上がり表情もとても豊かです。

私は若い頃、劇団に属しトレーニングとして発声練習を常にしていたというのもあり、今も継続してすることには全く抵抗がありません。

しかし、この運動は効果がある反面、初めての方には少しとっつきにくく感じるかもしれません。

声優やアナウンサー、役者さんが発声練習や早口言葉の練習でよく使うものに 「外郎売」(ういろううり)というものがあります。

「外郎売」は、もとは歌舞伎十八番の一つですが、今では滑舌(かつぜつ)の稽古用として非常に有名です。

「せっしゃおやかたと申すは…」で始まるその 口上はとても長く暗記するのは大変ですが、すべて読み上げた後は、顔が大きく引き上がる実感があります。

私は役者時代に覚えたので、今でもそらで言えますが、初めての方はなかなかそういうわけにもいかないでしょうから、私がアレンジした簡単な方法をご紹介いたしますね。

そのレッスン方法というのは、まさにあなたもご存じの 「あ え い う え お あ お …」です。

これは「外郎売」(ういろううり)ではありませんが、これも役者のトレーニング用に使われているものです。

では、レッスンです。


 ・あ・え・い・う・え・お・あ・お
 ・か・け・き・く・け・こ・か・こ

  〜口角を常に上げた状態をキープしながら
  ※口の周りがだるくなるまで



これですべてです(笑)

この2行だけしっかり覚えてください。

簡単なようですが、これをしっかりこなすことにより、笑顔の印象のあるとても若々しい顔に必ずなっていきます。

簡単でもとても効果的なので、自信を持って取り入れて下さいね。


以上で、頬・目もと・口もとの「筋肉へのアプローチ」は終了です。

このあと、脂肪・皮膚のアプローチと続きますが、この筋肉へのアプローチが一番即効性があります。

とりあえず「今すぐ若返りたい!」という方は、まずはこの第1章をしっかりとトレーニングして下さいね。


前:目尻を引き上げ目もとを若返らせる
次:頬下のたるみをスッキリさせる


目次へ

TOPへ



【たるみ改善プログラム】